2016最新版!おすすめ育毛剤ランキング

その習慣、髪に悪影響かも?毛髪に良い生活習慣の見直し

その習慣、髪に悪影響かも?毛髪に良い生活習慣の見直し

男性型脱毛症と生活習慣

抜け毛、薄毛の原因として生活習慣があげられることがあります。

男性型脱毛症(AGA)は、男性ホルモンの働きによりヘアサイクル(毛周期)に乱れが生じることで起こります。生活習慣が直接的な影響を与えることはありませんが、ただでさえ弱っている頭部に悪影響を与えることは十分にあり得ます。

ヘアカラーの頭皮へのダメージ

髪の毛は、表面から毛小皮(キューティクル)、毛皮質(コルテックス)、毛ずい質(メデュラ)という3層の構造になっています。ヘアカラーは、ヘアカラーリング剤の種類によって、どの部分まで染色、脱色するかが異なります。

ヘアカラーリング剤の目的は、目に見えている髪の毛の部分を染めることですが、頭皮にも触れますし、そこに含まれる物質は、少なからず体にとって負担になるものです。特に頭皮が敏感な人、弱っている人にとっては追い打ちをかけることになるかもしれません。

抜け毛、薄毛が気になる方はなるべくヘアカラーを避けるか、刺激の低いカラーリング剤を選ぶようにした方が良いでしょう。

シャンプーはどう洗うかが重要

ストレスで髪の毛が抜けるという話を聞くことがあります。

毛髪に限らず、ストレスが原因とされる体の不調、悩みでは、ストレスにより食生活、生活習慣が乱れ、悪循環を起こしている場合も少なくありません。暴飲暴食、あるいは逆に栄養不足、運動不足、睡眠不足などは、体のサイクルを乱し、当然毛髪にも良い影響を与えないでしょう。

ストレスが多い環境にいる場合、一番はそのストレスの原因を取り除くことですが、それが難しければ、特に意識して生活習慣を整え、ストレス発散の方法を持つようにしましょう。

その他に注意すべき点、血行改善、紫外線予防など

毛髪は、毛根周辺の毛細血管から栄養素や酸素を取り入れ、成長します。そのため、必要な栄養素がきちんと届くよう、毛細血管を健康な状態に保つというのも重要です。

物理的なマッサージではあまり効果がないという話もありますが、たとえば食生活や喫煙など、血行不良、毛細血管への悪影響につながるような習慣は避けましょう。また、紫外線についても、毛髪で保護はされますが、頭皮への刺激となるので、帽子などで防ぐようにするのもおすすめです。

毛髪に良い習慣というのは、全体的に見ると、毛髪だけでなく体全体に良い生活習慣でもあります。逆に生活習慣が乱れていると、毛髪だけを重点的にケアしても、効果が発揮しきれないこともあるかもしれません。ぜひ気を付けてみてください。

【参考】
書籍『専門医が語る毛髪科学最前線』著:板見 智(集英社新書)
書籍『毛髪改革 発毛・育毛の真実』著:世界毛髪科学芸術研究所(現代書林)
hoyu ヘアカラーリング剤の種類
http://www.hoyu.co.jp/startup/mechanism/type.html

←トップページに戻る

【ランキングの根拠について】

アンケート調査を下記項目にて行いました。
項目ごとに票数を集計し、合計票数でランキングにしました。

>調査結果はこちら